リハビリテーション科の紹介

リハビリテーション科 理念

患者さんのQOL向上につながる、安全で最適なリハビリテーションサービスを早期から提供し、
最良の社会復帰を獲得するため、「続く」リハビリテーションをおこないます。

リハビリテーション科の特色

早期在宅復帰を目指し、短期集中リハを行っています。入院または手術後早期から開始し、365日、一日平均2時間のリハビリを行っています。
患者さんは、運動器疾患(骨折など)、脳血管等疾患(脳梗塞など)が中心です。また、合併疾患等による呼吸機能改善のためのリハビリも行っています。(呼吸療法認定士がいます)
患者さんの在宅生活を念頭に置き、病棟での生活動作訓練を看護師と協力して行い、退院後の維持期リハでは、クリニック・通所リハ・訪問看護・訪問リハ・他施設との連携を行っています。
在宅生活の自立支援を充実させるため、退院前自宅訪問を行っています。福祉住環境コーディネーター資格取得者がおり、的確なアドバイスをいたします。
地域の介護予防教室等へ健康運動指導士や言語聴覚士の派遣も行っており、好評を得ています。

スタッフ

  • 理学療法士(PT):19名
  • 作業療法士(OT):11名
  • 言語聴覚士(ST):3名
  • 助手:1名